113 0

일본의 가족주의 경영과 고용안정의 정합성: 자유주의적 접근

Title
일본의 가족주의 경영과 고용안정의 정합성: 자유주의적 접근
Other Titles
The Japanese Communitarianism's Management and Adjustment of Employment Stabilization: with Approach of Liberalism
Author
전영수
Keywords
家族主義 經營; 自由主義; 雇傭安定; 金融危機; 企業福祉
Issue Date
2013-02
Publisher
한국일본학회
Citation
日本學報, Feb 2013, 94, P.231-247, P.17
Abstract
市場万能が市場失敗を引き起こした結果、新自由主義の?みにブレ?キがかかった。格差?大の中に福祉需要が?えながら中産層以下に?落する階層が急?したからである。特に賃金下落とリストラなど職場を取り?んだ雇用不安が?がっている。この結果、故障した資本主義を克復する新たな代案モデルに?する?心が高まっている。福祉役割の相?部分を企業部門に任せた日本の場合には新自由主義の導入以後に雇用不安と福祉需要が急?したから特に代案モデルの必要性が高い。政府福祉が稀薄な?況で企業福祉の弱化に比例しながら?加した雇用弱者の生活水準が急激に?くなった結果からである。この中で老?企業と京都企業で確認されるように?統の家族主義的な??哲?が有力なヒントに浮び上がっている。いわば'イエ(家)'制度として??される集?主義及び共同?主義などが?特の??システムに連結された日本の家族主義的な??システムが最近の市場失敗と政府失敗を同時に?り越えることができると思う。特に 1990年代以後の危機?況でさえ?使の共存共存のモデルを固守して?た家族主義な??企業が高成果を得ている点もその?得力を高める。これは新自由主義の以後に新しく浮上している進?的な自由主義という代案システムとも?がれる。最初に自由主義が警告した市場失敗とその解法として提示された弱者保護及び相互扶助の?値の再照明が日本の家族主義の見直しと相?の交集合を持つからである。それで本稿は日本の家族主義的な??哲?が雇用安定に整合性を持つという点を企業福祉の?化を通じて西?の自由主義的な?点から分析しようとした。
URI
http://www.dbpia.co.kr/Journal/ArticleDetail/NODE02311620http://hdl.handle.net/20.500.11754/44026
ISSN
1225-1453
Appears in Collections:
GRADUATE SCHOOL OF INTERNATIONAL STUDIES[S](국제학대학원) > GLOBAL SOCIAL ECONOMY(글로벌사회적경제학과) > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE