131 0

Full metadata record

DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author전영수-
dc.date.accessioned2018-02-14T02:31:17Z-
dc.date.available2018-02-14T02:31:17Z-
dc.date.issued2012-05-
dc.identifier.citation일본학보 / The Korean Journal of Japanology. 2012-05 :377-392en_US
dc.identifier.issn1225-1453-
dc.identifier.urihttp://www.dbpia.co.kr/Article/NODE02322118-
dc.identifier.urihttp://hdl.handle.net/20.500.11754/37352-
dc.description.abstract??成長のために推進される構造?換は特定時期の危機克服のために選?される。日本はこれまで3回の構造?換を?施した?緯を持つが、震災の突???とともに製造?貿易大?を脅威する構造的な?材登場の今こそ、新しく第4次の構造?換が必要な時点ではないかと思う。貿易赤字の長期化と円高の持?化、及び財政破綻の重さから見れば前向きでサステイナブルな成長モデルの必要性が?大するからである。災害をきっかけに論議が本格化した第4次構造?換のカギは投資立?にある。海外への直接投資を?大してその利益を成長原動力にしようという主張である。特に人口?化などの長期問題も入れて持?的な成長力のために生産性向上と複線的な構造に基礎する所得?支の安定?大が主要である。ただ今度の構造?換は2008年の金融危機で浮かび上がった資本貪欲の副作用と製造業の成長記憶などのために、社?的な同義を得て推進するには多少時間が必要と考えられる。そして、?分は貿易と投資のバランスを維持しながら長期モデルとして投資立?の方向に進行される可能性が高い。en_US
dc.language.isoko_KRen_US
dc.publisher한국일본학회 / Korea Association Of Japanologyen_US
dc.subject地震災害en_US
dc.subject構造?換en_US
dc.subject貿易赤字en_US
dc.subject投資立?en_US
dc.title지진이후 일본경제의 구조전환 가능성en_US
dc.title.alternativeA Possibility of Structural Transformation in Japan's Economy System after Earthquakeen_US
dc.typeArticleen_US
dc.relation.journal일본학보-
dc.contributor.googleauthor전영수-
dc.relation.code2012210683-
dc.sector.campusS-
dc.sector.daehakGRADUATE SCHOOL OF INTERNATIONAL STUDIES[S]-
dc.sector.departmentDEPARTMENT OF GLOBAL SOCIAL ECONOMY-
dc.identifier.pidchange4dre-
Appears in Collections:
GRADUATE SCHOOL OF INTERNATIONAL STUDIES[S](국제학대학원) > GLOBAL SOCIAL ECONOMY(글로벌사회적경제학과) > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE