41 0

Full metadata record

DC FieldValueLanguage
dc.contributor.author박규태-
dc.date.accessioned2019-05-17T02:01:04Z-
dc.date.available2019-05-17T02:01:04Z-
dc.date.issued2008-05-
dc.identifier.citation일본학연구, v. 24, Page. 39-66en_US
dc.identifier.issn1598-737X-
dc.identifier.urihttps://www.earticle.net/Article/A71688-
dc.identifier.urihttp://repository.hanyang.ac.kr/handle/20.500.11754/104537-
dc.description.abstract本考の目的は、日本での韓流をもたらした「冬のソナタ」現象を中心にして、日本文化論の觀點から韓流の言說について再考することにより、文化の間におけるコミュニケ?ションの新しい可能性を確認することにある。そのために、まず「風景」というメタファ?を媒介にしつつ韓流言說および「冬のソナタ」言說の性格について究明する。要するに、本考は旣存の韓流の言說を「文化としての韓流」言說と「文化商品としての韓流」言說に大別しながら、そのなか特に前者の流れに注目する。ところで、「文化としての韓流」を取り扱ってきた旣存の諸言說は主に生産者を中心にしたマクロな言說が大部分であるが、そこでは他の地域での韓流と趣きを異にする日本での韓流を分析する場合、限界があることを認めざるを得ない。それで本考は日本文化論と關わる主要な諸槪念を手がかりにしつつ、享有者(消費者)中心のミクロな言說の方に焦点を?てようとする。このような問題意識に立脚し、本考では日本文化の原形質ともいえるような諸槪念、例えば「場所」「義理と人情」「マコト」「もののあわれ」などのコ?ドをはじめ、近來日本社會で流行っている「スピリチュアリティ」コ?ドなどに照らして「冬のソナタ」現象の意味を再構成する一方、ひいて日韓の間におけるコミュニケ?ションの新しい在り方について考えてみる。en_US
dc.language.isoko_KRen_US
dc.publisher단국대학교 일본연구소en_US
dc.subject한류en_US
dc.subjectKorean Waveen_US
dc.subjectHallyuen_US
dc.subject풍경en_US
dc.subjectLandscapeen_US
dc.subject겨울연가en_US
dc.subjectWinter Sonataen_US
dc.subject일본문화en_US
dc.subjectJapanese Cultureen_US
dc.subject문화소통en_US
dc.subjectCulturial Communicationen_US
dc.title한류담론과 일본문화en_US
dc.title.alternative韓流の言說と日本文化en_US
dc.typeArticleen_US
dc.relation.journal日本學硏究-
dc.contributor.googleauthor박규태-
dc.relation.code2012216307-
dc.sector.campusE-
dc.sector.daehakCOLLEGE OF LANGUAGES & CULTURES[E]-
dc.sector.departmentDEPARTMENT OF JAPANESE STUDIES-
dc.identifier.pidchat-
Appears in Collections:
COLLEGE OF LANGUAGES & CULTURES[E](국제문화대학) > JAPANESE STUDIES(일본학과) > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE