일본의 국가 권력과 역사학 - 한학파의 역사학과 국학파의 역사교육의 갈등을 중심으로 -

Title
일본의 국가 권력과 역사학 - 한학파의 역사학과 국학파의 역사교육의 갈등을 중심으로 -
Other Titles
日本の国家権力と歴史学 - ‘漢学派の歴史学'と ‘国学派の歴史教育'の葛藤を中心として-
Author
정하미
Keywords
歷史敎科書の歪曲問題; 久米邦武事件; 近代歴史学の形成; 実証歴史学; 国体歴史学; 歴史教育; The issue of history textbook distortion; A Kunitake Kume case; The formation of the modern history; Proof history; National polity historical study; History education
Issue Date
2008-02
Publisher
동아시아일본학회
Citation
일본문화연구, v. 25, Page. 399-419
Abstract
1982年と2001年の2度にわたる'日本の?史?科書歪曲問題‘は韓?と日本の??にかかる政治的懸案として浮上した。日本においてこの問題は日本の敗?後の?史?究の成果に?する問いかけであり、?史?の成果を?科書に反映することにたいしての?究者と文部省の?立や協調の側面をもっている。この一連の?史?科書問題は日本において近代?問として?史?が成立したとき、?問と?育を分離し、政策的に利用した明治政府の思考がいまだ影を落としていることを意味する。敗?後、?家主義宣?の?科目である修身、?史、地理授業が中止されたが、それは敗?と占領支配という外部からの力による衝?と影響によるものである、非合理的?威を?民自らの力による?革である自?のない日本において?史?と?史?育の分離はさらに再演される可能性をもつものである。 本稿では日本の近代?史?の形成において文明史?の影響や漢?派の?史?、??派の?史?育の特性を見ながらその葛藤の具?的表れであった久米邦武事件を?討しながら、?史???の模?を調べ、さらに日本での???史?と???史?へ?張していく模?を具?的に??し、今日の?史??科書問題に?しての示唆点を明らかにした。
URI
http://www.dbpia.co.kr/Journal/ArticleDetail/NODE00938081http://repository.hanyang.ac.kr/handle/20.500.11754/104293
ISSN
1229-4918
Appears in Collections:
COLLEGE OF LANGUAGES & CULTURES[E](국제문화대학) > JAPANESE STUDIES(일본학과) > Articles
Files in This Item:
There are no files associated with this item.
Export
RIS (EndNote)
XLS (Excel)
XML


qrcode

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

BROWSE